スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/25ツール・ド・おきなわ市民210km【レース編】

いよいよツール・ド・おきなわ市民210km決戦当日

4:15起床、軽量化促進の為に早速口にパンを運びコーヒーを呑む
ホテルの朝食は5時からなので着替えてシェーバーで脚毛剃ったり♪
朝食食べてる間に軽量化成功☆早めに刺激しといてよかった☆

朝一で寒い為アパレルは長袖のインナーとニーウォーマーを装着
6時過ぎにホテルを出発。手荷物預かりがあるので携帯・写真をバックパックに入れて☆
P1020550.jpg
みんなは手ぶらだったり。なにやら写真はアイツが撮るだろ的な感じになっていたようだw

外は真っ暗な中移動。道中gogoちゃんが寒い寒い連発してたな~余分なもんが付いてないからな(´・ω・`)
会場に到着し手荷物預け所に
P1020552.jpg
手荷物預ける前に皆きれいな状態でパシャリ☆
けんちゃん・gogoちゃん・俺・ロシさん
みんな笑ってまた写真が撮れるように!!!

スタート順はゼッケン順となっているけど既に自転車と人で満杯!
取りあえず4人居るのでコース横に自転車を入れてトイレをローテーション♪
先にスタートの他カテゴリが居なくなって移動した隙にコースイン☆大体半分当たりだったかな?
ここで一つミスに気づく、移動時の寒さを考慮して付けていたニーウォーマーを外し忘れた(´Д`)
走ると暑くなるので外してバックポケットに・・・邪魔くさいわね((+_+))取りあえずそこに入れて上に補給食を入れるがうっとうしいな・・・

7:20スタートは問題なし!最初の左折で規制されていない右側車線に進入してしまう!エクストリーム的雰囲気にgogoちゃんとテンションが上がる♪この後もう1回反対車線にはみ出してしまった(^^ゞ
台風被害の影響で道路補修が所々で行われ道幅が狭くなったり交差点の先が狭くなっていたりと神経を使う。
大集団で走る為、何て事無い起伏に先頭が入り後が突っ込んでいき集団はブレーキ!もちろん皆さん掛け声で「ブレーキ~!」と大合唱(笑)視覚的にも集団が圧縮されるのが分かる。密集度が高いのでブレーキシューが焦げる臭いが立ち込める。エンデューロじゃあ中々味わえない体験に戦いに参加してる感じがしてにやける♪(まだ走りだしただけだろw)
こまめにけんちゃんが皆いるよ!と声を掛けてくれる非常に冷静。ロシさん淡々と走っている感じ♪3回目、流石に慣れている♪gogoちゃん・・・TdOを満喫してハイテンションwウヒョ~!ってなってる(笑)3人の序盤の印象はこんな感じ

16kmのスプリントポイント直前であるかな?と思っていた落車が発生・・・横目にこけたくね~(>_<)と思いながら通過。
美ら海水族館の上り(後でそんな上りだと知ったw)は地図上では認識していたけどイメージよりしっかりした上りで(゚д゚)!とりあえずインナーに初めて落としてクルクル☆周りもこんなところで大きく落ちていく人は居ない。
このあたりだったかな?ベテランぽい方から「そろそろ遅い人達落ちてくるよ~」と注意喚起が・・・先に出発したサイクリング?カテゴリの人達が見えてくる。取り合えず左側を走っているので問題は無いけど、左端を走っていると肝を冷やしそう。

普久川の登りを目指し東へ進んでいく途中交差点を曲がる部分もあるが何となく集団のリズムみたいなものも分かってきたので補給食に手を伸ばす。3人はきっちりと纏まって走っている感じだが、自分はチョイチョイ外れて単独走・・・いやw上手く立ち回れないのよ((+_+))ちなみに把握してる落車はここまで2回。一回完全停車したけど
集団がでかいので全く問題なく集団復帰☆

そして作戦の1時間経過。先頭付近へ進撃開始!40km/hオーバーの集団端をするする上がっていく。集団効果がでかくて目の前に人が居なくても苦も無く上がっていける♪3人に合流してそのまま上がっていき30番手辺りで集団の中に復帰☆本当は先頭まで上がって牽いてから下がっていくのが良いけどそんな足も度胸も無いw
集団無いにtwitterでお知り合いなおっぺい君が居たのでちょっと並走してお話☆それにしてもすげえ身体してたな☆・・・と安心していたら集団なの中に埋もれてまた上手く立ち回れない所に(´Д`)まあ慌ても仕方ないので集団内で足を休めてゆっくりするか~と構えていたら、トンネル前の直線で落車発生!至近距離で起こったので後ろからガチャガチャ~!と嫌な音が・・・落車にドキドキしながらもう一つのトンネルを通過し後、右折の看板が見える(゚д゚)!サイコンの表示はまだ60kmにも届いていない!普久川は70kmのはずだったよな??俺の勘違いか?でも海岸線から大きく右折は普久川だよな??頭の整理がつかないまま、予定と全く違う集団200番辺りで普久川に突入していく

国頭村の入り口が大きく右その後左に直角に折れている上に路面は減速帯、初めて走る場所だから無駄に減速をしてしまい登坂スタート!3人の姿は全く無く、はやる気持ちで登ろうとするもいきなり集団はストップ。台風の影響か山が崩落しており、一車線が完全に潰れていて落車が発生したよう、3・4人程立ち尽くしているところを皆掻き分けていく、自分のロスは40秒ぐらい!完全に焦りまくるがここでパワーを使いすぎても後が苦しくなるので踏み過ぎないように注意して登っていく。イメージは4.5w/kgぐらい!データを見返してみると心拍が188bpmぐらいで登ってるので5.0w/kgぐらい出てたかも?PMが無いと走ってる時も走った後も分からないからこの辺がつまらない。
閑話休題、走りだして暫くするとロシさんを発見、かなりきつそうだがロシさんを連れて行くほど自分も余裕が無いので申し訳ないが前を目指す!程なくするとけんちゃん・gogoちゃんに接続!ここでホッとしてしまい少し足をゆるめる。視界の先には大きそうな集団が見えているがここから更にジャンプアップする気は全く出なかった。
KOMまで皆で登り下りに突入。ビビりな自分の下りはキレも無く必要無いブレーキに手が伸びる、後ろを走っていたgogoちゃんは怖かったかも。ごめんね☆(・ω<)

次は初体験な補給所☆ロシさんからボトルは捨てて大丈夫と話しを聞いていたけど、ボトル捨てゾーンが良く分かって無かった看板が立っているのと前走者たちが捨てて行ったボトルが右側の沿道に散乱しているwそこを目掛けて自分も使い込んだリクイガスボトルをヒョイ!っと投げる・・・何かプロっぽい気分に浸れる(・´з`・)そしてボトルの受け渡しは両サイドに人が立っていて皆「水!水!水!」「スポーツドリンク~!」と声を出して差し出してくれている・・・はっきり言って聞き分けてどちらかをチョイスするのは自分には不可能wこちら側から「水くれ!」とか言ってボランティアの方に反応してもらうのが賢いと思われる♪
ayano2012TDO - 0390
出典元 photo : www.cyclowired.jp(使い方あってるのかな?)
普久川の補給地点!gogoちゃん水ぶっかけてハンドル持つ手にもボトルwひしさんも後に写って一応後の方に自分も写ってるw見切れてるけど!

この後は下りってから北上ルート!既に集団から千切れているのと自分が居るところもそれなりのペースで足の合う人達が付いて登ってきていたようで大集団にはならないぐらいの良い感じの人数☆みんなで回して行こう!と思ったらお決まり通り先頭に出るのは10名ぐらい・・・しかし超大集団の落車リスクから解放され楽しくなってきた自分は関係なくそのまま先頭付近に居座ってローテーションでずんずん進む♪
gogoちゃんはキツそうで後ろで休む様な事を言っていたけど坂は遅れないだろうから無問題!とケアせず放置w(実はこのあたりで一回切れていたらしいw)
色んなブログに登場する奥の登りはどこだったのか記憶が曖昧な上、そんなきつい所あったっけ?ってぐらいこの辺りは淡々と走れていたみたい。
半島を南下して行く途中のトンネルの中でパーン!と派手なパンクの音。ヴィットリアなgogoちゃんじゃないよな?と他人に気を回す余裕も♪周りの人たちとここまで来てパンクで終わるとか可哀想ですな~(´;ω;`)と談笑していたら知った顔が登場!フリーダムのてんちょ。目指すは優勝と言っていったが後ろからの登場。「これ先頭集団ですか?」と聞かれて吹いてしまったw「全然前だよ~」と教えると集団を引き連れて前を目指そうとするが明らかに打って出るには遅すぎる。しかも自分の中でそのステージまで上がる意思が無いので、ポッケにしたためたレッドブルをグビグビ呑みながら他の人達にペースアップは無茶だから落ち着きましょうと呼びかける。何人かは行きたそうな雰囲気もあったが集団の意志はキープペースで落ち着く。
てんちょは飛び出したっ恰好で暫く走って吸収。前を追う力を貸せなかった事を謝る。西側の南下部分は道のダメージも多くグレーチングのみや激しい起伏があり、好天の中レースで来て本当によかった。

2回目の普久川。序盤でまたテンチョが飛び出して行くが明らかにキレが無いので見送る。ここでも周りに声を掛けてイーブンペースで登るように誘導するが、やはり行きたい人がちらほら出るのでそれに引っ張られる格好で無理をしてしまい足が盛大に攣り始める・・・何とかKOMは集団に紛れてやり過ごせた。
普久川の補給への登りは半べそwボトルを何とか受け取るが集団からは少し離れてしまう。後ろにはgogoちゃんとひしさんも居たので俺が遅れると皆遅れてしまうので攣った足で明らかにおかしいペダリングで何とかブリッジ!
下りはてんちょが気持ちよさそうに下ってたな(^ω^)

東側の南下ルートに入りてんちょと会話するとこの後はアップダウンばっかりですよ!と教えられて気持ちが萎えて行く。集団の登りに何とか付いていき・・・いや微妙に遅れていたか、下りで何とか追い付くを繰り返す。
ひしさんは集団のペースに合わせて走れているよう、やはり強い。gogoちゃんは、俺と同じような状況
3回目の補給はコース左側のみに人が立っている。攣りが少しでも回復する事を祈り最初の人からボトルを受け取り一気に半分ぐらい呑んで捨て新しいボトルを受け取る。

しかし完全に攣った足が回復するわけも無く慶佐次の坂でgogoちゃんにもう無理と別れを告げてバックファイヤー発動!しかしgogoちゃんも集団から離れて行く。俺が限界を告げて離れたのでgogoちゃんのタガも外れてしまったのかもしれない・・・いらない一言だった。悔やまれる
幸いなことにこの後は大きな山も無くgogoちゃんと一緒に走れたのでサイクリングモード♪「完走は出来るよねー☆」とか「ロシさん大丈夫かな・・・普久川の始まりで俺抜いてきたけど・・・」と心配しながら会話しつつ残り20kmの看板を過ぎてしばらくした頃、同じカテゴリのでかくて速い集団に捕まる!
gogoちゃんに「乗らなきゃ不味いよね???」って聞かれたので「そうでしょ!」と答えて集団に入る・・・力が入らない頭もボーっとする中「gogoちゃん!」と数人後ろから声がするロシさんの声とすぐ分かったけど振り返る余裕が無い。gogoちゃんが「ロシさ~ん!」と声を掛ける中、自分はサムズアップするので精一杯(´Д`)ロシさん見えてたかな?w

集団に飲み込まれへばり付いたまま進行海岸線から右折してすぐに嫌な光景が目に入る・・・隣を走っている人が「アレがラスボスです!」とうれしそうに言う。登り始めてすぐに切れる・・・完全に終わった終盤の足が悲鳴を上げる。攣って部分が酷くなってロックしないように慎重に踏む。ダンシングもペダルの上に垂直に乗っかる様にぎこちないダンシング
ayano2012TDO - 0931
出典元 photo : www.cyclowired.jp
もう完全に終わっている。
トンネルを過ぎて終わりだろと思って右に曲がったらまた更に激坂!思考回路が完全におかしくなっているので何も考えられずに登るだけ・・・途中おっぺいさんを発見!足は攣りまくりでボトルも空でたどり着けるか分かりません。・゚・(ノД`)・゚・。あまりにスローで登りすぎててSFRみたいになってたなw

この先は完全に単独走!58号に戻っても人が全くいない・・・音も無い状態で交通規制の為信号は点滅。空虚な世界で一人だけ自転車に乗っている感覚、情けなく寂しく泣きそうになる。沿道からの声援も心が痛くなる。途中他カテゴリの列車に1kmほど乗らせてもらうが何となくいたたまれなくなり下車
前方離れたところに一人見える状態で最後のストレートへ
なんの感情も湧いて来ない。歓喜も安堵も失望も・・・うなだれたままゴールラインを割って終了

119位 5:57:06.259 35.28km/h +29:42.27

思考が停止したまま3人の元へ。皆無事にゴールで来てよかった。
横ではてんちょが顔を覆っている。自分はまともに会話が出来ない。取りあえず手荷物を受け取りフラフラとペプシと水を買い倒れ込む。同時に猛烈眠気、無理やりペプシを口に含み目を閉じる。ハンガーノック気味だったようで暫くすると復活できた☆

けんちゃんは更なる上を目指してgogoちゃんは今年のリベンジを胸に来年も!と意気が上がっていた。
ロシさんは3年越しでの念願の完走で今は来年を考えられない感じ。
俺は・・・優勝目指して頑張る!何て口が裂けても言えない、50位以内も想像も出来ないレベル、2桁リザルトは目指す事は出来るだろう、しかしそれを目指す価値があると自分で思えない。だから来年もまた必ず来る!と即答出来なかった・・・
ただ今書いているこの時点(11/29)でレースを思い返すとやはり素晴らしい環境と素晴らしいレースを仲間と出れた事が本当に楽しかった☆結果もこだわる必要が無いんじゃないかな?とw完走すること自体に意味があるレースが合っても良いな!

P1020553.jpg
完走後にパシャリ☆無事に4人揃って☆

沖縄に出場すると決めてから3カ月。長ーく感じたけど短い期間だった。
一緒に練習してくれたみんなに感謝!
今度は応援してくれてた人達引き連れて行きますか!!

それにしてもFTP300wは何の役にも立たなかったなwはあ~情けない
P1020559.jpg
満足に走らせてもらえない可哀想なバイク



取りあえず覚えてる事を書ききった感じなので加筆・修正するかな?

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

11/23.24ツール・ド・おきなわ【日常&移動編】

【小庶民な自分は沖縄への移動は前日の24日(土)取りあえず覚えてる事を書いていく】

23日(金)は会社営業の為普通に出勤(´Д`)とりあえずフレックスを使って15時脱社
ローラーで40m程汗かいてからぶっつけ本番のパッキング・・・何とかうまくいった
相方様が最近ハマっている手打ちうどんを煮込みで頂く・・・量が半端なく久々に喰いすぎで吐くかと思ったw

23時に就寝するが0時に目を覚ましその後も寝れないな~と頭の片隅に意識があるまま目を覚まして時間確認を30分起きぐらいに繰り返しまともに寝れないまま6時起床
完全に遠足待ちの子供ですw

起床時体重:66.4kg木曜からカーボローディングという名の暴食を下わりに意外と体重が増えていない・・・
脚の筋肉痛の様な症状は落ち着いているけど、芯の疲労は抜け切れていない感じ。
取りあえずいつも通りの朝飯を食べてダラダラ
京成津田沼8:07発の高速バスに乗る予定なので余裕を持って7:35に自宅出発!するが自転車がクソ重く時間を喰って電車にギリギリ乗車(^^ゞ
P1020501.jpg
マジでデカイわよ(´Д`)

8時ジャストに乗り場に着も一緒に行動するgogoちゃんが居ない(>_<)電話したら降車場所に居たそうなw帰宅時に見ていた光景で勘違いしていたみたい
P1020502.jpg
体調不良&朝一の為、より一層塩風味なgogoちゃん
だらだらダベりながら薄皮あんパン喰ってたらあっという間に羽田着

沖縄期間中ってのもあり自転車専用の預け窓口が設置されていてなんだか自転車乗りの社会的地位が上がった勘違いをする(笑)
出発までかなり時間をおもてあましたのでラウンジでパンとコーヒーでダラダラ(´・ω・`)
P1020508.jpg
くるみパン越しのgogoちゃん・・・そう!ラウンジのパンがクロワッサンからクルミパンに変わっていた!!!タダだから何でもいいのだが(^^ゞ

お昼が調度お空の上なので弁当を調達♪石狩鮨!!
P1020511.jpg
上手そう(^ω^)
P1020513.jpg
・・・(´・ω・`)新千歳空港名物w俺羽田から沖縄に行くんだがなw
味は美味しくて文句は無いのだが内容量が見た目体積に対して半分ほどでgogoちゃん爆笑!本人はぎゅうぎゅうに詰まった柿の葉寿司に多少苦戦(´Д`)逆の方が良かったようなw
P1020515.jpg
デザート(・´з`・)

喰って暇になると決まって来るのが眠気(´ぅω・`)俺は雑誌&ウォークマンで乗り越えるがgogoちゃんは機内放送でやり過ごそうとするが当然寝に落ちるw肘で突いて起こす→寝てねえし!みたいな顔で復帰を繰り返し現地入り
P1020517.jpg

P1020520.jpg
とりあえずけんちゃんとパシャり☆
P1020521.jpg
ん?相変わらず顔のでかさが気になるので後方に下がってパシャり☆よしよし!なんだか分からんがよしよし☆
移動はハイエースで現地の運転手の方がお出迎え
P1020522.jpg
P1020525.jpg
じゃなくてロシさんね☆
gogoちゃん以外3人は浅黒くて移住した人みたいw

P1020526.jpg
現地は思ったりよりも暑くなくて気持ちいぐらいの気温、ただし風が強かった風速が8mとか出てたかな?心配になって翌日の天気予報を見て3m程度の風邪に落ち着くらしくひと安心(*^_^*)

とりあえず会場に行き受付を済ます。そう言えばなぜか小に行く回数が半端なかったな。コーヒーの利尿作用かな?会場から2.3km離れたホテルへ移動

P1020528.jpg
ホテルはプライベートビーチがあり
P1020529.jpg
部屋はオーシャンビュー♪
P1020530.jpg
チーバくんも沖縄に上陸し♪
P1020531.jpg
こんなバカな写真撮ってたら♪
P1020533.jpg
ワイヤーがやる気無くなってたorz
ハンドルをステムから外してひねって入れたのが上手くなかったようで、組み上げて変速したらバチュン!とお亡くなりなりました(´;ω;`)

受付時に会場にメカニックブースがあったのはチェック済みだったので皆の尻を叩き急いで会場へ!!!
超焦る!超大変!ここまで来てメカトラで走れんとかシャレにならん!!MAJI大変!
どんだけ大変かと言ったら・・・




P1020535.jpg
新城選手と写真が撮れちゃうぐらい大変でしたw
前日の開会式に来賓で呼ばれてたのかな?良く分からんけど帰りがけの面倒くさい所にも関わらず写真を撮ってくれました♪もちろん自転車もメカニックの方に治していただけました☆

P1020536.jpg
皆は車を置いて暇をもてあまし空腹な為ハンバーガーをパクついてた。むろん俺もいただく♪具はベーコンだけ?良く分からんかったけど雑な感じがジャンクでナイスでしたw

ホテルに戻り晩飯☆
写真を撮り忘れたけど沖縄そば?を山盛り取るもちょっと脂っぽかった(´ж`;)お次はちまきを投入☆ぺろりといくがよくよく考えるとこれも脂が多いような気がwとにかく色々しこたま食べた☆
P1020537.jpg
晩飯も楽しくね♪

食後は皆で集まった展開の作戦会議
最初から前目で展開して落車のリスクを避けるべきだ!!とセオリーな意見から始まり
イケメン推奨の最初の一時間は中盤以降で脚を温存しその後進撃し普久川ダムの上りは出来るだけ前で突入する!作戦に決定☆

P1020538.jpg
復活した相棒♪
フレーム:CANNONDLE SUPERSIX HI-MOD'09
コンポ:メイン66系アルテ
ホイール:MAVIC R-SYS PREMIUM CL
タイヤ:コンチGP4000S
ギア:Qリング53-39
カセット:12-27t (105(^^ゞ)
重量は7.1kgだったような気がする

P1020544.jpg
翌日の補給。実際はこれにレッドブルのショート缶を所持

22時頃就寝・・・当然のように眠れずwおまけにけんちゃんの寝相がアクロバティックでかなり離れたツインベッドなのにおみ足が侵入してくる( ゚д゚ )夜這いかと思ったZE!


レース編に続・・・・・けたい

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

7/15 JCRCシリーズ第5戦in群馬CSC Aクラス

JCRCシリーズ第5戦in群馬CSC Aクラスに参戦してきました
結果は5周完了で自分からバイクを降りる情けない結果


朝4時起床 体重67.0kg
23時頃に寝たけど4.5回目を覚ます。遠足前の子供と一緒(^^ゞ
5時相方ピックアップ
水分補給にスポーツドリンクを飲みながら運転
関越走って群馬に入ったころから雨が降り出す(´Д`)
赤城高原で一回休憩を入れて
8時頃CSCに到着 この時間では完璧に第二駐車場。第一駐車場は下が砂利なので雨が降ってた時点で第二駐車場を使うと決めていたので問題なし♪

観戦ポイントの心臓破りの坂途中まで道案内しながら、Zクラスを応援@kenta_hi @tagcycling が走ってる☆
アップの為車に戻ろうとしたら @tagcycling が自転車降りてるΣ(´∀`;)パンクしたらしい。やはり雨が降っていろんなものが浮いてるみたい。路面も滑るらしい

9時20分ごろアップ開始
日差しも出てきて湿度も高く汗が一気に出る水分不足にならないようドリンクを多めに飲む
ヴェスパとメイタン金をドーピングで摂取
10時にレース前の試走の為移動するも結局試走できず・・・ウエット路面の為前のレースの進行が遅かったからか?ちなみに@kenta_hiもパンクで終了してしまったよう・・・
Dクラスで走っていたマサキさんは途中でちぎれてしまったようだがなんとか完走したよう☆

今回Aクラスは35名同日に実業団石川があるのでそっちに人が流れてるのかな?
ただ学生ジャージがちらほら・・・とりあえず元気は良いだろうからそのあたりはチェック
10:32定刻通りスタート。3列目からだけど人数も多くないので特に気にせず進行。いつも通りヘアピン後からアクチュアルスタート。一回目の心臓破り、最内を通っても脚が軽い♪良い感じ☆
2周目10番手辺りを走行心臓破りで前3名が飛び出す それを追う様に1名が出るので自分も続き後ろにもう一名3名で追って3周目途中で追い付きそうになるが集団も離されないように付いてきているので自分はやめて集団復帰上がった心拍の回復に努めるが、左脹脛が攣り始める。水分不足になるほど走ってもいないしペースがキツ過ぎるわけでもない早過ぎる(*_*)心臓破りまでに心拍も落とせずにきつい・・・
4周目取りあえず集団の後ろで回復しようと思っていたら続いて右脹脛まで攣り始める(>_<)ボロボロじゃねえか
・・・
5周目に入ったところで右脹脛が攣ったまま固まる・・・集団の最後尾に移動して何とかしようと思うがこのまま回すと確実に肉離れになると判断して集団から離脱(´;ω;`)最悪だ
心臓破りで観戦している相方に降りると告げて5周回完了でコースから外れる

ラップ
1 10:10
2 9:20
3 9:29
4 9:43
5 12:39

機材メモ
ホイールR-SYS
カセット12-25t
フロント53-39(Qリング)
ボトル2本 スポドリ・水 各一→5周回完了で1本の2/3飲んだ レース中の気温23度ぐらい?

前日からウオーターローディングと思い水分補給はいつも以上に気を使っていたけど結果攣ってのDNF
前日に @tagcyclingから教えてもらったけど真水だとミネラル不足になるらしくそれが原因か?サプリのマルチミネラルの摂取も忘れてたしな(´Д`)後はレース前に攣り防止の芍薬甘草湯を飲むのも忘れてたしな
(あくまでも酒が原因だとは考えたくないw)

ここまでストレートに上がってきたJCRCでは初の滞留。次回の群馬は仕事の関係でおそらく出ない!と思ってたけどちょうど落ち着いたころだから出ることは出れる?ただまた練習不足になるから要検討・・・

次の確定済みレースは9/30もてぎ4Hソロ!自分の中での目標レース!何とかお立ち台に上がりたい




テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

6/10 JCRCシリーズ第4戦in日本CSC(修善寺) (逆回り) Bクラス

JCRCシリーズ第4戦in日本CSC(修善寺) (逆回り) Bクラスに参戦してきました。

レース時間は10時ごろと当日移動でも余裕があったのだけど初修善寺の為で試走を確実に行いたいので沼津に前泊
コンビニ弁当+ビール&ハイボールを補給して就寝で5時出発
CSCには6時頃到着で肉・こけし会長と合流
受付付近でベンチュラさん・ひしさん・TAGさん・tatsuさんにそれぞれ挨拶♪

10:04スタートなので9時ごろからアップ
ドーピングは攣り防止に芍薬甘草湯 バーン・アミノバイタル・パワージェル投入
ボトルは真水を1本

管制塔に移動すると同クラスの拓海さんが居たので一緒に召集を待つ
2列目に陣取りいよいよスタート
スタート直後の登りは10番手~15番手辺りで登り始める。
下りの立ち上がりでペダルをかく人がいてびっくり(@_@;)
途中twitterでやり取りのあった側溝大尉にこんにちわ☆以後ちょいちょい話しながら最終周まで♪

2周目からは集団後方で下り始めると落車に巻き込まれたり中切れからのリカバリに脚を使うと思い前へ移動
2番手で下り始め高速の左コーナーで前走者がいきなりバーストヾ(゚Д゚ )リスク避けるために前に移動したのにw
で落車を見てしまうとそちらに牽きこまれてしまう~こけて流れて行く車体に引きこまれる・・・やばい当たる!!と思いながらイン側を通過と同時に相手車体のどこかと右ペダルが軽く接触(>_<)幸いバランス崩す事もなくクリア
2号橋からの登りで後続がスゲー勢いで抜いて行く!!そんなペースで行くんかい!と思ったら減速・・・スリップから勢いを使って登って脚を使わないようにしてるのね☆こんなダイナミックなコース走った事ないので一つ学習φ(`д´)メモメモ...

3周目4周目5周目・・・キツ過ぎてよく覚えとらん・・・ただ集団内の外国人Slyさんが「マッスグゥハシラナイト アブ!ナ~イヨ!」とガチンコな外国人訛りな日本語を聞いて吹いたのははっきりと記憶w
S&G地点では相方様の応援の声がやたら耳に入る(汗)正直あのダラっとした所を付いて行くのがきつく切れてしまう気が満々な所を強制的につなぎとめられた感じ。3・4周目は本当にきつかった
走行で心がけていたのはキツイ状態でも2つの登りのてっぺんは基本的に前から5番手以内で通過して下りをクリーンな状態で向かえる事。自分の余裕も無くなるのでアクシデントへの対処に自信が無くなっていた為。そのお陰で中切れのケアなどに脚も使わずやり過ごす☆

6周目2号橋への下りでやたらフロント荷重で下っていく若いお兄ちゃん!それに続いて更に一人・・・はえ~俺には無理だわ(@_@)と思いながら見てたら前走のフロントグリップが抜けて顔面から落車!!アウトサイドの垣根に突っ込む(/_\)後続の人は普通に考えればクリア出来る筈なのにその場所に綺麗に突っ込んで行く(>_<)やはり視線が落車に釘づけになり向かって行ってしまったのかな?
もろに落車を見てしまったのでテンションダウン・・・回りに下りはヤルの辞めません?とか行って賛同してくれたけど皆速い(^^ゞ
この辺からひたちなかで牽く離れした辺りが攣り出す(´;ω;`)

7周目 記憶が曖昧だけど逃げが一人いてこの人が優勝した人だったような・・・前周から逃げてたんだっけかな?余裕がない証拠・・・
側溝大尉が下りのアウト側からスゲー勢いでぶち抜いて行く2号橋までに差を詰めなきゃいけなくてかなりしんどかった・・・この時点で集団は7名?あ~辞めるに辞められない(TдT)

8周目最終ラップ2号橋の根元から付いて行くので精一杯((+_+))大尉と一人が集団から抜ける2位3位が離れて行く。Slyさんと何とか二人で追うもダメ!1号橋への下りで一人追いついて来て4・5・6位争い!悪あがきでポジションを下げてスリップ→最後の登りで飛び出す!!って作戦に移ったけど横並びになった時点で脚が限界(´Д`)二人に先行される。後ろを確認した所視界には誰もいないのでヘロヘロになりながらゴール!!何とか6位入賞


修善寺LAP

使用機材
ホイール:前後輪 R-SYS プレミアム
ギヤ:フロント ROTOR Qリング 53-39
   リア 12-25t
サイコン:edge500

53×12~39-25まで全部使った。トップは11tがあっても良かったけど今日の感じではいらなかったかな?

修善寺にエントリーする前から周りの皆から登れるし下れるから向いてるよ~と言われて自分でもちょっとそおなのかなぁ~?と調子に乗ってたけど全然でしたw登りもの下りもそこそこなのでアップダウンしかないこのコースでは休む場所が一号橋への下りだけ。2号橋への下りにいたっては今まで自転車では感じたこと無い様な横Gこれはこれで少し楽しかったけど落車が多過ぎて怖かった
登りも下りもまだまだ修行不足でした

半ば諦めていた昇格を達成していよいよAクラス♪更に強い人がゴロゴロいるんだろうが何とかSクラスに昇格したい!!!(どこに出ようかな・・・)

何か書きたりてない様な気がする

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

BikeNavi GP 2012「春のひたちなか7エンデューロ」3時間ソロ

バイクナビ ひたちなか 3時間ソロへ参戦してきました

2:30起床体重66.6kg なんかこの体重が高確率で出る(´Д`)
オーガさん宅に4時着でした道ひたすらひたちなかへ6時ジャストに会場着で7時間ソロに参戦されるオレンジさんの車と合流♪3人でしゃべりながらエネルギーチャージしてアップ&試走なしで8:30のスタートへ

3時間と7時間が混走でローリングスタート 何故か先導がしょぼそうなロードバイクで激遅で辛い・・・
オーバル部分に出てリアルスタート!
とりあえず様子見で20~30番手辺りをふらふら。アップなしなので心拍がきついが何とかなる感じ
目立った動きも無く経過していると思ったら、何処かで2人?3人が逃げてたらしいが1時間30分頃にオレンジさんに教えてもらうまで知らなかった(^^ゞ状況の把握が出来てなくて今回のマイナスポイント

集団は招待選手がいないので、先頭を牽く人は限られていて後ろには大量の金魚のフン状態。まあエンデューロにありがちなパターン。まあ自分も常時前に居た訳ではなく途中休み休み要所で前に顔を出す感じで進行
今回落車は自分の知る限りで2回発生 インフィールドの登り区間で多分斜ったのとテクニカルなS字部分でスリップ落車。1回目は後ろだったので全く問題なし2回目はある程度余裕があったので回避

2時間経過頃に前出の逃げを吸収振り出しに戻る
集団は2.30人ぐらいいたのかな?このまま集団スプリントかなぁとか考えてたら7時間に参戦していたイナーメな方に付きっパな奴らに、持ってかれちゃっていいんですか?とか突っ込まれる・・・この時点で足攣っててキツかったんよ(´Д`)

ラスト20分頃オーバル部分でパラパラっとアタックが掛かる。何か胸騒ぎがして一気に追走して連結!集団は追ってこない!!人数は6名(7名だったかな?)3Hソロは5名だったと思う。残り時間から考えて残り周回は2周
皆で協調して回して逃げる オーバル部分に帰ってきて他チームの人が35秒差と確認する。行ける!完全に決まったそしてラストラップ!オーバルに出たあたりから牽制が始まる。てか脚の攣りが酷くて自分も牽制する(;´Д`)
纏まったままオーバルからホームストレートにつながる鬼門のUターン!立ち上がりで自分を含む3名がドカンと立ち上がる。後ろが切れて3名に!自分が最後尾のまま下りストレートへスプリント体制、頭に行ける!とよぎるも脚が攣って腰が痛くて腰が上げられずダンシング出来ない(´;ω;`)シッティングのままスリップから抜けてスリーワイドのままゴールラインへ・・・3名とも車輪一つも差がないままゴール!自分は全く伸びず3番手でゴール!何とも悔しいゴール

ゴール後は背筋が猛烈に痛く、パンツを履くのにてこずる程
帰りはまたオーガさんの運転で匝瑳経由で5:30頃に帰宅

オーガさんありがとうございました♪

機材
フロントQリング53-39
リア12-25
23だと多分足りなかった、でもやっぱり18tが無いのは走っててキツイ

補給
ボトル1.5本使用
カーボショッツ1つ
ベスパ1つ使用 原液をチュルっと呑んだので、喉にガツンと来てむせまくったw

今回のレースで良かったとこ
①エンデューロで初めて最後まで先頭集団に居た
②そこそこ先頭も牽いていたと思う
③ラストの逃げに乗る事が出来た
④スプリントに参加出来た

悪かったところ
①逃げの存在に全く気付いてない
②超低速コーナーの処理がへたっぴ
③スプリントに脚が残ってなかった

逃げは序盤だったのと結果吸収できたからよかったけど致命的だな
超低速コーナーは慣れが必要かな
スプリントに脚を残すのは今のベーストレ+インターバル体制を付けないとな

520summary.jpg
520lap.jpg
ラストのスプリントは500wぐらいしか出てない(TдT)

Duration: 3:04:00 Time Riding: 3:04:00 Distance (km): 116.56 Work (kJ): 2547 Elevation Gain (meters): 391
xPower (watts): 247 Relative Intensity: 0.803 BikeScore™: 198
BS198とか冗談だろ((+_+))ぼろぼろだよ・・・と思ったけど翌日の脚のダメージはそこまで酷くないから当たってるのかな?

取りあえずこんなもんかな

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

プロフィール

SEISP6

Author:SEISP6
基本mixiの中にいる自転車乗りです。
blogをしようかと思ったり思わなかったり・・・​

supersix​ EVO HI-MO​DにROTOR POWER付けてE-MOTIONの上でパワートレーニングのまねごとをしながらハアハアしてます。

とりあえず弱いですw

JCRCは現在Aクラス
H〇WA RACING​で自転車レース出てます。

twitterは @SEI_SP6 で呟いてるような呟いていない様な・・・​

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキングゥ

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。